ジャグラーの台選びする際のデータの見方について解説

ジャグラー台選びデータの見方ジャグラー台選び

ジャグラー台選びデータの見方

ジャグラーを空き台から台選びする際に、データランプを利用してどのように台選びをすればいいのでしょうか?

ジャグラーはほんの少しデータを見る場所を工夫することで簡単に高設定台にたどり着くことが可能な機種です。

ジャグラーシリーズはたくさんの種類がありますが、ジャグラーの台選びをする際には各機種共通するポイントがあります。

一度覚えてしまえば効率よくジャグラーのデータを見ながら高設定台に着席することができるようになりますので、まだ知らない人はこの機会にぜひ、データの活用法を覚えてジャグラーの台選びをしましょう。

ジャグラーの基本スペック

今回はデータからの推測が比較的シンプルなアイムジャグラーのスペックを見ていきます。

アイムジャグラーのスペック

BIG確率がほとんど設定差がなく、REG確率が設定に応じで段階的に上がっていきます。

ニューアイムジャグラーEXの設定5とニューアイムジャグラーEX設定6のREG確率は一緒となり、ボーナス合算確率も非常に近くなっています。

高設定ほどREG確率が上がっていく特徴をもとに、空き台のデータを参考にしてジャグラーの高設定を探していきます。

ジャグラーの台選び【REG確率のデータから考察】

確率表の設定5、設定6の数値を目標にしてデータを確認して行きます。

最終的にたどり着きたいジャグラーはREG確率が設定6を超えるくらいにREGがついているデータになります。

逆にBIG確率が高く、REG確率が低い場合には、その空き台の設定にはあまり期待ができなくなってしまいます。極力避けるようにして立ち回りましょう。

朝の少ない回転数データでのジャグラーの台選び

回転数が少ない間は、少しREGが付いている場合であっても、まぐれでREGがついてしまう場合があります。

しかし少ない回転数と言えども1回でも多くREGが引けている高設定の可能性が高くなるジャグラーを選んでいきます。

例えば、その日の回転数が800回転 BIG回数6回、REG回数2回の台と、その日の回転数が800回転 BIG回数2回、REG回数6回の台があった場合には、後者のジャグラーを選択することで、よりジャグラーの高設定に座れる可能性が高くなります。

BIGが極端に走っているジャグラーより、REGが極端についているようなジャグラーを選んでいきましょう。

昼以降の少し育ったデータでのジャグラーの台選び

稼働が少し付いてきて、3000回転くらい回っているジャグラーが少しずつ出てきた場合も、台選びの基本は変わらず、1回でも多くREGがついているデータを妥協することなくしっかりと探していきましょう。

その日の回転数が2500回転/BIG回数11回/REG回数5回のジャグラー、その日の回転数が2500回転/BIG回数5回/REG回数11回のジャグラーの2つがある場合、この場合でも後者のたくさんREGがついているジャグラーのデータを選んでいきます。

朝に比べて、より回転数が増えているので、より高設定の可能性が増えていきます。

このくらいの時間から、総回転数3000回転/BIG回数10回/REG回数10回と一見悪くなさそうなデータの台も見え始めますが、REG確率とすると300分の1程度の確率です。

設定6の確率から離れているため、妥協をせずにREG確率が設定6を超えるようなデータのジャグラーに座っていくようにしましょう。

夕方や夜のジャグラーのデータを活用したジャグラーの台選び

5000回転、6000回転と、サンプルが増えているのにREG確率がしっかりと増えているジャグラーは高設定の可能性がかなり高くなります。

夜の時間は詳しい人も少し増え、空き台から高設定を探すことが少しずつ難しくなっていきますが、妥協をすることなくREG確率が高いジャグラーをしっかりと選んでいくようにしましょう。

「引用:(http://zyagura-kouryaku.com/imjuggler-pekarisugi)」

総回転数5368回転 BIG31回 REG30回

夕方を超えるとこのような素晴らしい挙動の空き台が確認できることもあります。夜の時間帯に狙うべきデータはこのような完璧なデータの台を狙っていくことにより勝率が高くなっていきます。

スランプグラフが付属しているデータの場合にはぜひ活用して、よりきれいな右肩上がりとなっているデータのジャグラーを選ぶことでより良い結果が生まれます。

データを活用したジャグラーの台選びまとめ

あまり回されていないジャグラーとたくさん回っているジャグラー、より回転数が増えてくるほど、ジャグラー高設定の可能性が高くなっていきますがデータを活用した台選びでは一貫した立ち回りで台選びを行っていくことになります。

  1. REG確率が高くなっているジャグラーを打つ
  2. より多く回されているジャグラーを打つ
  3. スランプグラフがある場合にはより綺麗な右肩上がりのジャグラーを選ぶ

上記の内容を徹底して台選びを行うことにより、高設定に座れる可能性が高くなっていきます。もし今までジャグラーのBIG確率が高い台を選んでいた人は、この機会にぜひREG確率の高いジャグラーを選ぶようにしてみてください。

他のジャグラーの台選びの記事も沢山あるので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました